ハーフウィッグとは

ハーフウィッグについて

ハーフウイッグはフルウィッグのように、帽子を被る感じですっぱり頭を覆うということはありません。まさにハーフ(半分)で、頭のてっぺんから後ろに向けてつけるものをハーフウィッグと言います。

 

ハーフウィッグもつむじが隠れてしまうタイプです。つむじよりも少し前から頭にかぶせて使います。この頭頂部に差し込むようにセットして、動かないように留めます。

 

前髪などがちょっと見えるようになるとイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。地毛とウィッグに境目ができてしまうので、自然になるようになじませるのですがウィッグと髪の毛のカラーをちゃんと合わせるとよりナチュラルになります。

 

ハーフウィッグは大抵、内側が帽子のようにキャップ型になっていて、前方(前髪の方)、後方(襟足の方)の両方にコームがついています。このコームを地毛に差し込んで固定します。

 

ハーフウィッグのいいところ

 

フルウィッグに比べてハーフウィッグだと、長い間ウィッグをつけていても疲れにくいということがあります。フルの場合は、動かないようにガッチガチに固定していて、蒸れますし肩こりになってしまうということがあります。

 

ハーフだと、頭の前側はウィッグから出ているので通気性もいいですよね。それにお値段もちょっぴりだけど安いですよ。ハーフウィッグはフルだとかつらのイメージから脱出できずに、なんか抵抗があるという人にも大きくなったエクステ!という感覚で試せる便利なおしゃれアイテムです。

おしゃれなハーフウィッグがいっぱい!

 

ハーフウィッグ 付け方

ハーフウィッグとは・・・記事一覧

ウィッグの中でも人気のあるカチューシャになっているタイプ。このカチューシャ付きのウィッグはフルウィッグの場合は装着方法は、普通のフルウィッグと同じですがハーフウィッグの場合は、通常のハーフよりも装着が楽にできるので不器用な方に特に人気があるようです。人気ウィッグショップのアクアドールでは簡単ハーフウィッグという名称で販売されています。まるでカチューシャをするときのような、感じで簡単にウィッグをつけ...