ウィッグ シリコンスプレー



ロングウィッグが絡まるならシリコンスプレー

ロングウィッグが絡まるならシリコンスプレー

 

手軽にイメージチェンジが出来る、ウィッグって便利ですよね。でも、気になるのはウィッグの髪のパサ付きや絡まりです。

 

新しいウィッグを買う時には、専用のウィッグスプレーも同時に買う事も多いとは思いますが、ウィッグはまだまだ使える状態なのに、スプレーだけ先に無くなってしまうパターンも多いですよね。

 

ウィッグのお手入れにはウィッグスプレーが必需品だと思いがちですが、安くて簡単に入手できる代用アイテムがあるんですよ。⇒高品質で安いウィッグ通販ショップ

 

 

 

ウィッグスプレーって絶対に必要なもの?

 

 

ウィッグの使用後には、ブラッシングをして髪のもつれや汚れを落とし、シャンプーとリンスを加えたぬるま湯で押し洗いをし、タオルドライ後に自然乾燥、その後ふたたびブラッシングとウィッグスプレーをするのが一般的です。

 

これは衛生的に長持ちさせるために必要な作用です。ウィッグスプレーを使わずにいると、ウィッグの髪は乾いてパサつき、不自然なツヤやもつれの原因となってしまいます。

 

でも、実店舗では扱っている場所が少なく、通販だと送料がかかってしまうんですよね。そんな時にはホームセンターへ行ってみましょう。

 

掛け過ぎ注意、驚くほど自然なツヤ髪になるシリコンスプレー

 

ホームセンターや日用雑貨を多めに扱うお店なら、まず間違いなく置いてある、工業用のシリコンスプレーを手に入れましょう。

 

金属や木材などの滑りを良くするためのスプレーで、2〜300円程度で買えてしまいますが、ウィッグスプレーの代用品として、十分使用できるアイテムです。

 

ただし、シリコンの量が多いので、ウィッグに直接スプレーしてしまうと、明らかに不自然なツヤになってしまいますので、スプレーを掛けるのはブラシの方にしましょうね。

 

ウィッグの毛の長さにもよりますが、ミディアムヘアなら1秒くらいのスプレーで十分ですし、ロングでも1秒を2セットくらいで済んでしまうので、1本買うとめちゃくちゃ長持ちします。

 

スプレーから飛んだものが床につくと、ビックリする程滑るので、新聞紙などを敷いておく必要があります。ウィッグに使う場合は、ごく短時間しかスプレーしないので危険はないと思われますが、本当は、このスプレーはベランダや庭などの屋外で使うもので、使用時はマスクをして吸い込まないよう注意しながら行うのが望ましいです。

 

代用品としてのシリコンスプレー

 

工業用のシリコンスプレーには、ウィッグスプレーのようにオイルは含まれていません。ウィッグの毛をシリコンコーティングし、艶出しや滑りをよくする働きはありますが、髪そのものに潤いを与える事はできないんですよね。

 

より自然にケアしたいと思うのなら、シリコンスプレーをする前に、ベビーローションを軽く塗っておくのもお勧めです。手のひらに1プッシュ、両手をこすりあわせてしっかりと伸ばし、ウィッグ全体に手を滑らせれば完了です。

 

ベビーローションの主成分は水とミネラルオイルなので、ウィッグに適度な潤いを与え、仕上げにシリコンスプレーでコーティングすることで、専用のウィッグスプレーを使った時と近い仕上がりになりますよ。

 

お気に入りのウィッグだからこそ、長く使いたい・・・。ですが、長く使うためにはメンテナンスも大変です。欲しい時にすぐ買える、リーズナブルなシリコンスプレーで代用し、ウィッグをケアしちゃいましょう。

バレにくい! 安いのに高品質のウィッグで人気の通販ショップ

アクアドール(AquaDoll)

プリシラ

リネアストリア(Linea-Storia)