ウィッグ 雨の日



ウィッグなら雨の日でも髪の毛が爆発しないけど注意点も

ウィッグなら雨の日でも髪の毛が爆発しないけど注意点も

 

雨の日には憂鬱になってしまう方も多いかと思いますが、ヘアスタイルが決まらないことも一つの原因ですよね。雨の日には、髪がぼさぼさになったり、まとまらなかったり、ぺたんとしたり、うねってしまったり、と人それぞれ悩みもあるかと思います。

 

そんな雨の日のお出かけには、ウィッグはいかがでしょうか。ウィッグをつけるだけでピタッと髪形が決まり、雨の日の髪の悩みを解消してくれます。

 

ただ、ウィッグを普段から着用している方の中には、ウィッグをつけるのに心配な天気として、雨の日も挙げられています。

⇒マットなつやの自然なウィッグ通販について

 

雨の日には、ヘアスタイルが決まる人工毛のフルウィッグ

 

 

ウィッグには、人毛のウィッグとファイバーでできた人工毛のウィッグがありますが、雨の日には人工毛のウィッグがお勧めです。人工毛のウィッグなら、髪がうねったりする心配もなく、人毛のように雨に濡れて髪形が崩れることもありません。

 

人工毛のフルウィッグをすっぽりかぶれば、短時間でヘアスタイルが決まりますね。雨に濡れるのが心配という声もありますが、ウィッグはシャンプーすることもできるくらいなので、濡れてもほとんど問題はありません。

 

雨の日の前髪のうねりが心配なら、前髪ウィッグ

 

フルウィッグもいいですが、まずは気軽にウィッグを楽しみたい方には前髪ウィッグもいいですね。装着も簡単にできるし、カラーバリエーションも豊富で地毛と自然になじんでくれます。

 

雨の日の髪の悩みの中でも、前髪のうねりは気になってしまうところです。前髪ウィッグで、雨の日のコンプレックスを解消してみてはいかがでしょうか。

 

雨の日にウィッグで気をつけなければならないこと

 

 

雨の日にとても便利なウィッグですが、注意しておかなければならないこともあります。ウィッグは雨に濡れても傷んだりすることはありませんが、人工毛のウィッグの場合雨に濡れた時の質感が地毛とは違って少し不自然に見えてしまうかもしれません。

 

地毛の場合は雨に濡れると水分を吸収しますが、ファイバーでできた人工毛のウィッグは水分を吸収せずにはじきます。おかげで髪形が崩れることはありませんが、不自然さが気になる方は、こまめにタオルで拭くといいですね。
そして、家に帰った後はしっかりウィッグを乾燥するようにしましょう。ウィッグを濡れたまま放置しておくと、雑菌が繁殖してしまったり、ウィッグの形が崩れてしまう可能性があります。

 

ただ、耐熱性でないウィッグの場合は、ドライヤーの冷風で乾かすかウィッグスタンドなどで自然乾燥するようにしましょう。雨の日も上手にウィッグと付き合っていけば、雨の日の髪形の悩みもすっきり解消して、お出かけを楽しむことができますよ。

バレにくい! 安いのに高品質のウィッグで人気の通販ショップ

アクアドール(AquaDoll)

プリシラ

リネアストリア(Linea-Storia)