ウィッグのヘアスタイル



ウィッグのヘアスタイル

ウィッグのスタイル

通販で手軽に買えるウィッグについていろいろ情報を集めて、人気の通販ショップのサイトを見たり、全体的に商品を探してみたり、とウィッグの探し方は様々にありますが、いざ選ぶとなると、どれを選べばよいのか、選択肢を絞るのが難しく感じてしまう時もあるかもしれませんね。

 

そんな時には、基本的な条件に戻って、改めて自分の欲しい商品を探してみるのもポイントです。通販で買えるウィッグにも、基本的なウィッグ自体のスタイルのカテゴリがありますので、まずは、このスタイルから使用するウィッグの方向性を決めてみるのも良いでしょう。

 

基本的なウィッグ自体のスタイルとしては、フルウィッグハーフウィッグポイントウィッグ、と呼ばれる種類がありますが、これらは、自分の髪の毛をどの程度表に出すのか、という部分とも関係しています。

 

フルウィッグの場合には、全体的に被ってしまう形になりますが、それぞれのスタイルを被り方や付け方という視点から検討してみるのも良いでしょう。個々のスタイルによって付け方も変わってきますが、付け心地に影響する部分もありますので、実際に付けた感じをイメージしてみるのも役立ちます。

 

また、ポイントウィッグでは、前髪や襟足に付けるタイプのウィッグ、ポニーテール、おだんご、みつあみ、ボリュームアップ用、キャップ式のスタイル、というように、それぞれに特徴やより詳しい用途がありますので、これらの商品も参考にしてみると、自分の目的に合ったスタイルのウィッグを通販で選ぶ際に役立つでしょう。

 

好みにカットする

 

どうしても自分の思っているウィッグに巡り合わない場合は、毛の長めのウィッグを購入して、美容院にもっていきカットしてもらったり、自分で切ってしまうという方法もあります。

 

しかし、地毛の場合はカットに失敗してもしばらくすると伸びてきますが、ウィッグのカットに失敗するとそのウィッグはもう使いものになりませんから慎重に行いましょう。

 

美容師さんに切ってもらっても、納得いくようになるとは限りませんから、よくよく話し合ってからカットしてもらってくださいね。

 

人毛ならパーマもかけられる

 

人毛のウィッグならば髪の毛と同じようにパーマをかけることができます。しかし、かなり傷みますから、ウィッグの「持ち」は格段に悪くなりますのでここにも注意が必要です。

 

バレにくい! 安いのに高品質のウィッグで人気の通販ショップ

アクアドール(AquaDoll)

プリシラ

リネアストリア(Linea-Storia)