ウィッグ つむじ



ウィッグがばれる原因のつむじをもっと自然にアレンジ!

ウィッグのつむじ

 

ウィッグを選ぶ時、どんなことを重視されているでしょうか。質感や触り心地、色やにおいなど、気になるところは色々あるでしょうが、つむじもとても重要なポイントになります。

 

ウィッグをつけていることは、なるべく気付かれたくないものですが、つむじが不自然だとどうしても気付かれやすくなってしまいます。つむじが丁寧に作られていないウィッグは、特に会談などで上から見下ろされるとバレバレですよね。

 

今回は、ウィッグを選ぶときに見ておきたいつむじ部分のポイント、つむじが自然に見えるウィッグにはどのようなものがあるのか、そして、不自然なつむじを自然に見せる方法をご紹介していきます。⇒ウィッグ激安通販ショップの紹介

 

自然に見えるウィッグのつむじ部分とは

 

ウィッグを購入する時に見ていただきたいのは、まず、つむじ部分が潰れてぺたっとしていないかということです。自然なつむじは、ふんわりと立ち上がっています。

 

そして、生え際が髪の流れに合わせて自然になっているか、頭皮の部分が自然に見えるかということもポイントです。本物に近い自然なつむじのウィッグを選びたいものです。

 

また、分け目を作ることができるかも重要です。つむじのあたりの髪の量が多く、詰まり過ぎてしまうと自然な分け目を作ることができません。そのあたりもポイントにして見てみましょう。

 

つむじが自然な、I型や人口頭皮付き、手植えのウィッグ

 

 

ウィッグのトップの型に、I型というものがあります。一般的なウィッグは、*型という放射線状に毛が生えたつむじです。

 

I型は、前髪の生え際から少し奥に入ったところに人工皮膚がつけられ、分け目が入った状態になっています。人間の髪は自然にしていても、分け目ができるものですから、より本物に近いと言えるでしょう。

 

それから、つむじの植え方も大切です。機械で植えられたものよりも、手植えのウィッグはより自然な見た目になります。本物に近く、根元が立ち上がって植えられていることが多く、毛も詰まり過ぎません。本物のつむじのように根元に透け感が出て、自然に分け目も作ることができます。

 

不自然なつむじを自然に見せることができるアレンジ方法

 

自然に見えるつむじのウィッグを購入したくても、なかなか高価なものは手が出にくいですよね。そんな時には、不自然に見えるつむじをアレンジすることで、自然に見せることができます。

 

つむじがぺたっとしていると不自然なので、ふっくらと自然にしましょう。ウィッグのつむじ部分にコームの先をあてて、コームをこするように動かしてみてください。これを繰り返し続けると、つむじの周りにある髪の毛が立ってきて、周りの髪になじませれば、ふっくらとします。

 

他にも、分け目を変えられる場合は、分け目を変えてアレンジしましょう。それでもどうしても気になる時は、帽子をかぶったり、大きめのカチューシャなどでつむじの部分を隠してしまうといいですね。自分なりのアレンジで工夫して、楽しくウィッグを使いこなしていきたいですね。

バレにくい! 安いのに高品質のウィッグで人気の通販ショップ

アクアドール(AquaDoll)

プリシラ

リネアストリア(Linea-Storia)