不自然になりがちなフルウィッグのもみあげが浮いてしまう件



不自然になりがちなフルウィッグのもみあげが浮いてしまう件

不自然になりがちなフルウィッグのもみあげが浮いてしまう件

 

フルウィッグを装着していると、様々な悩みにぶつかるかと思います。フルウィッグには、地毛と同じような自然さを求めることでしょう。

 

しかし、フルウィッグの細かい部分を見ていくと、不自然に見えてしまう部分も多いものです。フルウィッグのもみあげ部分に関しても、色々な悩みの声があります。

 

例えば、髪が完全にない、またはかなり少ない状態でフルウィッグを着用している方は、もみあげのないフルウィッグに不自然さを感じています。

 

そして、髪の上からフルウィッグを着用する方は、もみあげ部分が浮く悩みが多いものです。今回は、フルウィッグともみあげについて見ていきましょう。

 

フルウィッグの不自然に見えてしまう悩み

 

フルウィッグを着用していて、髪を耳にかけたり、髪をアップにするなどのヘアアレンジをする場合、もみあげ部分に髪がないと不自然になってしまいます。もみあげを隠したヘアスタイルならいいのですが、すっきりとまとめたいこともあるでしょう。

 

また、風が吹いた時にもフェイスラインが気になってしまいますよね。この悩みを解決するために、もみあげのついたフルウィッグも販売されています。

 

オーダーメイドのフルウィッグを作る時も、もみあげを作ってもらうことも可能です。ただ、もみあげを見せるような髪形は肌を見せることになり、ウィッグの得意分野ではないので、もみあげを見せないウィッグにするのも選択肢の一つです。

 

自然なもみあげを再現したフルウィッグもあるので、活用していきたいですね。ただ、せっかくもみあげがついていても、ぴったりと装着しなければ不自然になってしまうので、しっかりと固定するようにしましょう。

 

フルウィッグにもみあげが無い場合は、自分で作ることも

 

ファッションウィッグなどでウィッグのもみあげが無い場合は、もみあげ部分に来る髪を短くカットして、自分でもみあげを作ることもできます。自分でやるのが心配な方は、美容院などでカットしてもらうのもいいですね。

 

また、カットまではしなくても、髪を耳にかけたりアップにする時にはサイドの髪を少し下すだけでも印象が変わります。色々な工夫をして、フルウィッグを使いこなしていきたいですね。

 

フルウィッグのもみあげ部分が浮いてしまう!?

 

地毛の上からフルウィッグを着用する場合、髪が上手くまとまらずにもみあげ部分が浮いてしまう悩みが多いです。地毛とウィッグの髪の色の違いで不自然に見えてしまいます。

 

そんな時には、コンシーラーやアイブロウマスカラで塗りつぶし、ファンデーションでなじませるといいようです。また、ウィッグの不要な部分を切り取って、まつげ用のボンドなどで貼り付けてもみあげを作る方法もあります。

 

フルウィッグが浮いてしまう場合は、水泳帽の中に髪の毛をまとめてから装着すると浮きにくくなります。また、フルウィッグが頭の大きさに対して小さすぎると、もみあげが浮く原因となってしまうので、ちょうどよくフィットしたフルウィッグを選んでいきたいですね。

バレにくい! 安いのに高品質のウィッグで人気の通販ショップ

アクアドール(AquaDoll)

プリシラ

リネアストリア(Linea-Storia)